運動でダイエットをするなら

人の体は、運動開始後15〜20分たってから脂肪が使われるようになり、30分を経過すると使用されるエネルギーのほとんどが脂肪になります。

そのため脂肪を燃焼させるためには,30〜60分くらいは運動を持続した方がもっとも効果的ですが、最近の研究では断続的に5〜10程度の運動を組み合わせても同じ効果が得られることがわかってきました。

毎日継続できるかどうかが重要で激しい運動は必要ありません。体脂肪は時間をかけてゆっくりと温めることで燃焼が始まります、ですから朝5〜10分気持ちよく散歩をする。買い物に徒歩で行く。などを組み合わせて一日の合計で30分程度の運動になっていれば効果はあります。

脂肪燃焼でもっとも効果が高いのは有酸素運動(酸素を取り入れながら行う運動)です。

「エアロビクス,ウォーキング,ジョッギング,水泳,サイクリング,エアロビ」などです。

散歩などが習慣になってきて、もっと運動したいな、と思う方は取り組んでみてください。


ダイエットのためには,ウォーキングなどの有酸素運動を主とし,それを補う形でダンベル体操のような筋肉運動も併用するのがベストと考えられます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。