新たな万能細胞「STAP細胞」、若返りの効果もあるんだって。



まあでも、実用化は20年30年先になるということなので、現役世代が歳を取ってからになりそうです。

 

忘れていた日本人の心

 
もともと日本の食生活は優れていました。
朝食には小魚や納豆を食べ、昼は梅や鮭入りのおむすび、夜は鍋を囲む。
加えて大抵は野菜たっぷりの味噌汁を付け合せ、食後や休憩時には緑茶を飲む。栄養バランスの取れたすばらしい食生活。

しかし近年は欧米型の食生活が定着し、それに伴って肥満やメタボが増加。無理なダイエットで体調を崩す人があとをたちません。

肉、肉、肉。
肥えた豚や牛の、脂の乗った、肉。
こられを毎日、自分の体に吸収していく生活・・。


英語の「DIET」は、食生活と訳されるそうです。

実際、アメリカでもシンガポールでも「ダイエット」というと日本食 − 魚とか豆腐とか − のようなイメージを持つらしい。

一方、日本人が「ダイエット」という言葉で想像するのは、激しい運動やつらい食事制限。 断食とか、ビリーズブートキャンプとか。

いけませんねぇ・・。

ダイエットへの近道としてよく言われる、体質改善。
いまこそ、失われていた日本人の心を取り戻しましょう。
 

南優子式ダイエット DVDセットも販売再開

南優子さんの
南優子式ダイエット DVDセットも販売再開になっています。




パソコンが苦手な人にはこちらがお勧めです。

南優子式ダイエット 販売再開です

南優子さんの
南優子式ダイエットが販売再開になりました!




まだ知らなかった人は、ぜひチェックしてください。

世界料理サミット2009

世界料理サミット2009が、今日から11日まで東京国際フォーラムで開催されます。
ダイエットの敵ではありますが、たまにはおいしい料理を試食するのもいいのではないでしょうか。食べ過ぎなければ。ね。
サミットのために作られたオリジナルメニューを中心に、最新の料理技術、ユニークなメニューが公開。一般人の入場も可能で、1日の入場料は2500円。東西を代表するシェフたちの味付け、盛りつけ、そしてプレゼン技術を見ることができます。
以下、参加する著名人です。


スピーチ中のジョエル・ロブション


料理をするピエール・ガニェール


開幕式典後ワインを飲む小泉純一郎元首相

みずみずしく張りのある肌へ

代謝を促進すると体には様々な相乗効果が現れてきます。
まず判りやすく効果がでてくるのは「肌」。

肌の再生サイクルは年齢とともに遅くなり、「シミ」「シワ」の原因となりますが、代謝を促進することでみずみずしく張りのある肌へと変わっていき、老廃物もどんどん排出するようになるので肌荒れなどもしにくくなります。

また肌の再生以外にも、「冷え性の解消」「蓄積疲労の解消」「肩こりの解消」「病気予防」「生理不順の解消」など体に関する様々なことへの効果が期待できます。

代謝促進ダイエットは「生活習慣」
がんばる必要は無く「習慣」にしていくだけでいいのです。
ちょっとしたことですがとても大きな効果を生み出します。

ダイエットは生活習慣が一番大事です。長い目でかんたんに、無理なく、健康的で、太りにくく、美しい体を作りましょう。

絶対やせる成功法則

これは必見かも。

食べながら痩せられるなんて、私にぴったりです!
たぶん、そういう人って多いんじゃないかと思います。
ぜひ見てみてください!



SP南優子式ダイエット 〜絶対やせる成功法則〜 DVDセット

 
タグ:ダイエット

肥満の原因を知る

摂取エネルギー(カロリー)が消費エネルギー(基礎代謝量+活動エネルギー・カロリー)を上回ると、余ったエネルギー(カロリー)が脂肪に変えられて脂肪細胞の中に蓄えられます。

肥満の原因は摂取エネルギーが多すぎる(食べ過ぎ)か、消費エネルギーが少なすぎるか(運動不足)のいずれかです。

 太りやすい体質の人と太りにくい体質の人は確かに存在し,同じ量を食べても太ってしまう人もいれば、ちっとも太らない人もいます。続きを読む

毎日の生活の中で

代謝促進ダイエットの基本は、特に何もしないことです。
毎日行う入浴や散歩をアレンジするだけです。

入浴できっちり汗をかく、ちょっと運動をする。一番大切なのは繰り返しです。

毎日の生活の中であたりまえにできることを続けることで徐々にその効果は現れます。
それぞれの現在の代謝の状態によって効果の現れ方は様々ですが、早い人で3週間〜1ヶ月前後、遅い人でも2ヶ月くらい続けると効果は現れてきます。

このサイトでは天然入浴剤の発汗で効果を高めることをお奨めしていますが、代謝促進ダイエットは工夫しだいで、なにも無くてもその効果は得られます。色々工夫をしてみましょう。

まれに入浴を長くしても汗が出てこないという人もいますが、あせらずに続けてください、ある程度の期間をかければ段々汗をかくようになってきます。

散歩

朝15分〜20分程度の散歩(ウォーキング)やジョギング(つらくない程度)の運動を組み合わせればさらに効果は期待できます。

この時に「がんばる」必要はありません。散歩やジョギングだけでダイエットをするわけではなく、あくまで「代謝を促進」することが目的ですから気持ちがいいていどで十分です。

運動は20〜30分以上連続しないと脂肪を燃焼しないと言われてきましたが、最近の研究では断続的に(例えば5分運動して5分休み)運動をしても、一日の運動量が合計30分を超えれば効果があることが実証されています。

ですから、あまり張り切らずに「ちょっと動く」程度の運動を習慣にするだけでも大きく変わります。コンビニまで歩く、買い物に歩いて行くなど生活の中に習慣をつけていきましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。